2016年11月05日

究極の合理化=社長のリストラ

リストラって言うのは合理化の事だが、日本ではそのまま首切りって言う意味で使われる。3年間で10000人のリストラを‥‥みたいに。

リストラって、もっと正確に考えると経費節減なんだよ。経費節減だから、人件費を減らそうっていう発想。

だったらさ、社長の給料とかボーナスとか退職金とか株主配当とか働かない家族にも給料出したり、そのための積立とかやめればいいのに。
世の社長たちって本当に自分の事しか考えてない。俺が神なら絶対地獄行き確定だな。
posted by かとうすすむ at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。