2015年12月31日

2015年振り返りと2016年に向けて

<有限会社みのり 10大ニュース>
4億円、過去最高の売上高となった。
2年連続で決算手当を支給できた。
ホテルが3年連続3増(売上、利益、稼働率)達成。
アパートを買い不動産事業部をスタートした。
青森銀行と取引が始まった(3000万円、秘密%、7年)。
癒される本社を目指し、グリーンと観賞魚を導入した。
社長の給料は社内2番目となった。
12月で給料一筆システムをやめた。
12月で社長は月次報告を読まないことにした。
社員が増えて、社長が狭い場所に追いやられた。

<個人 10大ニュース>
アトム不動産の物件、10棟93戸になった。
「やめるべ戦争函館金曜行動」をたちあげた。
北海道新聞の朝の食卓を書かせてもらった(1年で終了したけど)。
自前で宣伝カーをつくった。
フィリピンの永住権をゲットした。
フラガールズ甲子園(福島県いわき市)に行った。
NCVでテレビコマーシャルを流した。
海外旅行を楽しんだ(フィリピン、シンガポール、マレーシア、マカオ、香港2回)。
ダンス(ZUMBA、アルゼンチンタンゴ、社交ダンス)した。
函館のお芝居を見まくった

<2016年に向けて>
政治(函館市政、国政)を動かさないとダメだな。
目指しているのは世界の平和だ。平和を作るのは武力じゃない。握手でありHugだ。
事業を起こす。そして手を放す。
小さくてもいい、実験でいい、失敗でいいから海外でビジネスしたい。直行便で行ける場所。
大沼で観光ビジネス。
英語力が必要だ。ビジネス英語がOKになるまで語学留学を繰り返すかな。
アトム不動産を「手放し操縦」するためのシステムの構築。
稼いだお金は、再投資、社会変革、若者の文化芸術活動にばらまく。
びっくりするような広告をつくるかな。
函館市議会議員メーカーになる。自民党と公明党を落選させなきゃな。
個人の所得の節税を考えないとならんな
posted by かとうすすむ at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

私設秘書募集

〈私設秘書募集〉
時間:週30時間から40時間労働。
         就業時間は不規則です。要相談。
時給:1000円。保険は雇用と労災保険のみ。
         専用スマホを貸与します
資格:普通運転免許。マニュアル運転必須。
         資格は不要だがネット、スマホ使える人。
         守秘義務守れる人。
         加藤進の思想(ブログ参照)に共感する人。
制限:若い女性はNG。刺青NG。
内容:加藤進じゃなくていい加藤進の仕事全般。
・ 運転手
・ 物件案内
・ 物件契約
・ 物件の清掃
・ アパートにお手紙配布
・ 印鑑押す
・ 調べ物
・ 買い物
・ 留守番
・ 記帳
・ 集金
・ お客様の送迎
・ うちの子の送迎
・ 雪かき
・ 加藤家の夫がやるべき事の一部
・ 書類の整理、ファイリング
・ 加藤進の話の傾聴
・ 上記に関連する事
posted by かとうすすむ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

ストレスを味わう

香港にいるが、今日は嫌なことが3つあった。日常生活で嫌なことなんてほとんどないのに、久しぶりに大きな嫌なことが3つも重なった。嫌なことに慣れてないので、「あ、もしかして、これをストレスっていうのかな?」っていう気持ちになった。このストレスの感じは近年、味わったことのない特殊なものだったので、「この、今の気持ちを大切にしよう」って思って、いつものノートに嫌なことを事細かにメモしてみた。
このノートを読めば、きっとこの嫌なことを思い出して、ストレスをいつでも味わえるんじゃないかな。
嫌なこととか、ストレスに強い男になりたいんだ。心臓に毛がぼうぼうみたいな。そのためには、定期的にストレスを与えなくっちゃね。Myselfでね。
posted by かとうすすむ at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

卒業文集という羞恥

今夜は長男のリクエストで一緒に風呂に入った。彼は小学6年生で最近、卒業文集に載せる作文を提出したらしい。どんな事を書いたのかを聞いたら・・・

「外国の車を扱うお店の社長になって、年収5000万円」っていう内容らしい。

ちなみに2年前、長女の時には、「年収2000万円の外科医と結婚し、家ではお手伝いさんを雇って、好き放題に・・・」のような事を書いて、書き直しを命ぜられていた。

我が家の子育て、客観的にはどこか間違ってるよな。
加藤進的には「育てたように育ってるな」って思うが。
posted by かとうすすむ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

青森銀行

有限会社みのりは青森銀行と新たに取引を始めることになった。
初めての取引なので、どんな感じかなー?って、心配していたのだが、
融資可能額が期待額の3倍以上。
金利は期待値の半分以下。
期間は期待値より2年も長い。

素晴らしいパートナーが現れた。
さて、うちの会社、飛躍的に発展するかな。
posted by かとうすすむ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺は誰にも指図されない!!

俺は指図されるのが嫌いだ。中学生の時にはすでにそうだった。
車のカーナビ。俺は音声をオフにしている。機械ごときに指示・命令されてたまるか。カーナビは毎日のように使う。だって、最短距離で、時間通りに目的地に着きたいから。でも、音は出さない。時々、ルートをちらっと見ながら運転する。
でも、最近、カーナビのセットはするのに、そのルートにさえ従わない私がいる。何度もカーナビと違うルートに突入し、カーナビがルート修正をする。自分勝手が過ぎるな。だから友だちがいないんだよな。ま、いなくていいんだけど。
しかし、このままジジイになったら、本当に誰も周りにいなくなってしまいそうだ。
それにしても、指図されるのは嫌いだ。
posted by かとうすすむ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

好きな色と似合う色は違う

これは私の人生に欠かせない、大切な言葉です。
これは昔の口紅のコマーシャルです。このコピーを聞いた瞬間に「なるほどー」って感動しました。
一般人って、好きな髪形するし、好きな服を着るし、好きなメイクをするよね。
ウルトラハイセンスな人なら、好き=似合うが一致するかもしれない。
でもさ、その多くは外れてるよね。「え? なんでその服?」「え?なんでその髪形?」「えー、前の髪型のほうが良かったのに」「その口紅の色は似合わないわ」「こんなに可愛いのに、どうして、ガングロにするの?」「なんでこんなきったねールーズソックス?」、ま、一部は昔話ですが、そんなことって誰でも思ったことあるでしょう。
加藤進は好きよりも似合うを優先したいと思っている。だからなるべく自分では判断しないようにしている。
紫のシャツを着るのだけは「好き」を優先していますが・・・。

あ、そうだ。結論だ。
フェイスブックのプロフィール写真って自分で選ばないほうがいいと思う。
美人な人、美男な人に限って、その人らしくない写真を使っていたりする。
自分の顔以外を載せてるってのは論外だけどね。本当はそんな人は友だちにしたくないくらいなんだけど。
「自分の顔に責任持てよ!!」って言いたい。フリーペーパーに顔写真載せるまでは無理でも、フェイスブックはフェイスのブック、顔が命でしょ。
で、フェイスブックのプロフィール写真は自分で判断せず、誰かに選んでもらいましょう。
ちなみに、俺のプロフィール写真は、通常のタイムラインにアップしたところ、「かっこいい」ってコメントされたので、採用しました。
posted by かとうすすむ at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

未来社会を社内で実現できないかなって思った。

今日は19時から「アイディア検討任意会議」が開催された。
私とある役員との間で激論があった。
激論ではあるのだが、社長の私も彼も私利私欲を求めているのではなかった。彼は社員の給料を上げるために、しかも他部署の社員の給料を上げる方法を提案していた。私は自分の給料はもう固定で上げる気はなく、どうやって社員を増やし、事業を継続させ、可能ならみんなにお金をばらまけるかを考えている。

21時近くに会議は終わり、帰路についたが、資本主義を超えた社会を社内で実現できちゃうんじゃないかと思った。思ったから、その記録としてここに書いておくことにした。

加藤進は資本主義が人類社会の最終段階とは思っていない。資本主義のその先の社会があると思っている。
日本の多くの政党は資本主義のその先の展望を示せない。だからどの政党も行き詰まる。日本共産党だけが、資本主義社会のその先の展望を持っている。だから日本共産党は行き詰まらないし、言うことが一貫しているし、元気いっぱいだ。資本主義が行き詰まれば行き詰まるほど元気になるかもな。

さて、本題にもどす。
資本主義社会の次は社会主義社会だ。社会主義社会の次は共産主義社会だ。
科学技術が進歩し、生産性が非常に高まった時に、それが実現可能となる。
誰がいったのか知らないが、社会主義や共産主義を次のように定義したものがある。
社会主義とは:能力に応じて働き、働きに応じて受け取る社会。
共産主義とは:能力に応じて働き、必要に応じて受け取る社会。

この定義によれば、うちの会社はそろそろ社会主義体制になっているようだ。
みんな能力に応じて働いていて、剰余金はほぼ全部配っちゃてるからね。長時間働けない人はパートにしてあげたり、労働時間を週40時間から週30時間に減らしてあげたり、妊婦への配慮をしたり。利潤追求してないので、搾取って無いかも。法人税は払わないし、内部留保もしないっていう方針持ってるしね。社長の給料が平社員の4倍なのは多いのか少ないのかわからんが。まあ、俺は「働きに応じて受け取っている」と思っている。

このあと、うちの会社がその役員のおかげで、2倍の売り上げを上げるようになったら、「必要に応じて受け取る」ができるようになるかもしれない。
実家暮らしの人が一番給料が少なくて・・・月額25万円くらい。
配偶者がいれば30万。
中学生以下のの子どもがいれば一人につき5万円プラス。
高校にあがると子ども一人につき8万円プラス。
大学にあがったら、授業料を会社でだしてあげる。
子どもたちが巣立ったら、30万円にもどる。
配偶者が死んだり、離婚したら25万円。

必要に応じて受け取れたら、すてきだね。絶対に会社を辞めないし、会社のために貢献したくなっちゃう。

うちの会社ががんがん儲かるようになったら、やるから。きっと。
posted by かとうすすむ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

給料一筆の終了

2015年12月10日の給料日をもって、給料一筆を終了しました。
以下、社内報「IMAGINE」第92号からの転載です。

 前回のイマジンで予告していた通り、本日お配りする給料明細を最後に給料一筆を終了します。正確な時期は覚えていないのですが、当社は昔、給料を給料日に手渡ししていました。ある社員の給料が手取りで100万円を超えた(当時の加藤進の給料は総額25万円)時に、大金の給料を運ぶのが怖くなり、振り込みにすることにしました。給料を手渡しする時には「お疲れ様です」とか「ありがとうございます」とか、一言かけられたのですが、振り込みになると、そういう血の通ったことができないなと考えて、給料一筆を始めました。
 始めのうちは全員に手書きでした。汚い字で徹夜で書いていたように思います。そのうち社員が増えてきて、手書きだと手が疲れるし、たくさんの言葉を書きにくいということで、長谷川経理担当取締役にお願いして、「給料一筆システム」を作ってもらいました。
 100人を超えると名前と顔も一致しなくなりました。給料一筆システムには顔写真も入れてもらうようになりました。1か月に1回、顔と名前を確認し、月報を読みながら一筆を書いてきました。そんな給料一筆の歴史も本日で終わりです。会社は新しい段階に入ったなって思っています。これまで一筆に費やしてきたパワーを別の形で会社の発展のために使いたいと思います。一筆を惜しむ声を月報に書いてくれたみなさんもいました。ありがとうございました。社員のみなさんには正社員はもちろん派遣社員でもパートさんでも社長にものを言う権利、社長とランチをする権利があります。必要な時はご活用ください。
posted by かとうすすむ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営者が欲しいのは結果なんだ

それ(欲しいのは結果だって言う事)って客観的には傲慢だと思う。
労働者は持てる力を発揮してる。
能力を最大限につかっている。
夜も寝ないで考えている。
一生懸命に努力している。
でも、経営者っていうのは、そういう社員の日夜の努力は見てないし、見えない。
経営者に見えるのは結果だけなんだ。
経営者って傲慢だよね。
そして、加藤進もまた例外ではない。
努力している過程とか、評価できない。求めているのは結果だ。
資本主義って怖いね。加藤進をも、そういう血も涙もない経営者にしてしまうんだな。
でも加藤進は結果に対しては報いるからね。そこだけはそんじょそこらの経営者とは違うから。
posted by かとうすすむ at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男女差別

俺は経営者だ。
女性社員にはとても優しい。
男性社員にはとても厳しい。
それって、やっぱり、客観的には男女差別なのだろうか?
でも、女性社員の多くは仕事ができて、私の期待を超えている。
そして、男性社員では、私の期待を超えない人の比率が高い。

男性社員にも優しくするべきだなーと、思った夜。
posted by かとうすすむ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「頭がいい」についての考察

最近、人は平等じゃないなって思う。
「頭がいい」人は加速度的に成長し、自由なお金と時間を加速度的に手に入れていく。
そうじゃない人は緩やかな成長、あるいは成長せずに、いつまでも長時間労働低賃金で生活していく。
「頭がいい」人は100人に1人くらいの比率だろうか。つまり、100人に99人は一生を長時間労働低賃金で暮らしていく。

いちいち「頭がいい」を「」で括ってきたが、これは学校の勉強ができるというのとは全く関係ない事を言っている。
好奇心が強い、観察力がある、探究心がある、探求力がある、行動力がある、コミュニケーション能力が高い、そんな能力だ。
小卒で総理大臣になった人がいる。斎藤ひとりさんもまともに学校に行ってない。

そう、高校や大学に行くのは、バカな頭を作る道なのかも知れない。高等教育が、好奇心や行動力を奪っているんじゃないかな。

ああ、俺、もっともっと頭良くなって、もっともっと自由になって、もっともっとお金も手に入れて、世界を変えるために時間も金も使いたいわ。
posted by かとうすすむ at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉原千畝

今朝、杉原千畝の映画を見てきた。2000以上もの「命のビザ」を発行した日本人だ。
日本人には素晴らしい人がいるな。いたんだな。そう思った。
「世界を変えたい」っていう彼のメッセージは加藤進と共鳴するところがある。

私は日本が好きだ。強い愛国精神があるなって思う。
でも、日の丸や君が代で愛国心を強制されたり、強要されるのは嫌だ。
いい国さえ作れば、日本は愛される国になる。
日本の技術はどこの国に行っても絶賛される。
たくさんの国々が親日だ。
私は同じ日本人として杉原千畝を誇りに思った。自慢に思った。
俺も世界に認められる日本人になりたい。

とりあえず、世界の平和のために、戦争法を廃止するぞ。
あと、在日米軍基地をなくすぞ。沖縄に新基地はつくらせない。それが国際貢献だ。
posted by かとうすすむ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無礼講って無いから。

年末ですね。私の会社では毎年忘年会がありますが、社長の私は参加しません。理由は無礼な振る舞いに耐えられないからです。会場を禁煙にしないだけで、相当無礼です。
たぶん「真の無礼講」って無いから。

posted by かとうすすむ at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

北海道新幹線の計算された茶番劇。

そもそも、北海道新幹線は茶番です。こんなものでお客様が増えないこと、経営者たちは知ってます。だから経営者たちは「お客様が来ない理由」を用意する必要がありました。だから、わざとに4時間と2分なんです。
あまりにもくだらん。
今からでもやめればいいのに。
記事はいずれも今朝の函館新聞。
976C8C1B-41F4-43D3-A4C1-691114BD8857.jpg760806D8-920B-43E4-910C-BCF7A8381755.jpg
posted by かとうすすむ at 07:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする