2014年10月27日

イスラム教

インドネシアはイスラム教が88.6%っていう国だ。
いろいろびっくりしたよ。

<びっくり1 女性は結婚したら、他の男性と口をきいても、並んで座ってもいけない>
厳格なイスラム教徒の女性は結婚すると、目だけを出す真黒な服装になります。
とにかく、女性らしい部分をすべて隠し、夫だけのために一生(後生)を捧げるのです。
他の男性とは口をきいてはならないし、近づくことも許されません。
俺はそれを知らなかったので、悲しかけてしまい、相当な動揺をさせてしまいました。
一歩間違うと、旦那さまから大変な暴力を受けることになるところでした。

<びっくり2 男性は4人まで妻を持つことができる>
びっくり1と併記することで、ますますびっくりなのだが、男性は4人まで妻を持つことができます。裕福じゃないと無理なのだが、裕福であれば可能なのだそうだ。実際にそういう人のお話を聞きましたら、
幸せは4倍です。苦労は400倍です。って言っていました。
「4人も奥様がもてていいなー」って言う既婚者には次のように言うそうです。
「今の奥様との生活はいかがですか? その奥様が4人になったらどうですか?」って。
なんていうか・・・あ、何とも言えません(笑)
posted by かとうすすむ at 03:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資の4種類

インドネシアで2泊3日、投資について学んでいる。
@ 事業への投資
A 不動産への投資
B 株やFXなど
C 自分への投資

俺はCが一番気に入った。
費用対効果?
それはそれとして、Cが気に入った。
自分のためには湯水のように投資しますよ。
これからもずーっと投資しますよ。
posted by かとうすすむ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

子どもには子ども時代の喜びを

小学校はいい中学校へいくための通過点。
中学校はいい高校へ行くための通過点。
高校はいい就職やいい大学へ行くための通過点。
大学はいい就職への通過点。

そもそも気付いていない。いい就職なんて1割も無いから。10個中1個のイスをゲットするために、ずーっと苦しみ続けなければならない子どもって本当に可愛そうだ。高校でインターン(就業体験)とかしてるし。中には中学校でも就業体験を取り入れているところもある。目的が「楽しむ」であれば、いいが、いささか早すぎるなって思う。

小学校・中学校なんて、楽しけりゃいいじゃん。大人社会とは全く切り離された、楽しいだけの世界。土曜日も日曜日も祝日も夏休みも冬休みもいらない・・・毎日学校に行きたい。友だちに会いたい。好きな人に会いたい、好きな先生に会いたい・・・ただそれだけの子ども時代を過ごさせたい。そもそも学びそれ自体が楽しいはずなのに・・・。

うちの子の一人が不登校気味。学校が楽しくないんだって。親として本当に悲しいわ。手品でも漫才でも、子どもが行きたくなるようなこと、やれよ。俺は義務教育の充実のために税金払ってんだから。

ああ、日本の子どもたちを幸せにしたいな。
1、就職と切り離した楽しい学校づくり。(今は企業の従順な即戦力をつくる工場と化している)
2、大企業の横暴を許さず、最低でも30時間労働・月給30万円の実現。(職に困らない社会)

以上、朝っぱらから・・・何考えてるんだ・・・?
posted by かとうすすむ at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

FBは原則1日2回のアクセスにしました。

SNSが時間の無駄であることを決定的に感じました。
よってFBは1日に2回しかアクセスしないことにしました。
朝:7時から9時の間に1回。
夜:いつかわかんないけど1回。
緊急な人は携帯電話へのショートメールあるいは、電話ください。
posted by かとうすすむ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

情報について。とにかくアウトプット。時々インプット。

情報化社会になって10年かな。加速度的に情報が増えている。ネットのページもどんどん増えているし、データを保存するハードディスクも私が1990年ころに買った時のMACは100MBだったが、今ではギガも超えてテラバイトっていう世界になってる。

いま、情報と言った時に最大の無駄はSNSだ。ツイッターだとか、FBだとかLINEだとか。多くの人が無駄と気づいていながら、やめることができない。依存症だ。これは明らかに依存症だよ。嘘だと思うなら、24時間自分に禁止してごらん。我慢できないから。

みんな情報の中でおぼれている。俺もそうだ。FBに無駄な時間をいっぱい取られている。でもやめられない。ツイッターとラインはやめた。でも、FBはやめられない。1日に1回だけアクセス・・・とか、ルールが必要だ。

今みたいに情報化社会じゃないときは、情報を持ってる人が強かった。今は、優れた情報だけど精選する技術が必要な時代だな。それ以上に、実は情報はいらないんじゃないかな・・・どの人もインプットしかできない。インプットだけでいっぱいいっぱいになってて、何も行動できない。

だから、行動が命だ。原発反対集会に行ってみるとか。布ナプキンにしてみるとか。バイオマスなストーブつけてみるとか。とりあえず商売を始めてみるとか。ダイエット始めてみるとか。海外旅行を計画するとか。

そうやって行動したり、行動する決意をするとさ、それに必要な知識が欲しくなるわけで、そういう知識を取りに行くのさ。情報の波の中に。

実は俺、これできてるんだ。たいてい思った時には行動してるから。でも、世の中の多くの人が、くだらない情報の中でただおぼれてて、もがき苦しんでいるので、可愛そうだなーって思って、この文章を書いた。

高いところから失礼いたしました(笑)
posted by かとうすすむ at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

「面白い」という資質

人間にはたくさんの資質がある。真面目、正直、勤勉、正確、几帳面、大らか、明るい、意欲的、知的、かっこいい、美しい、可愛らしい、などなど、いくらでも出てくる。その中で、私が注目してるのが「面白い」だ。ユーモアがあるっていう置き換えもできる。面白いにも低俗から高尚まで、いろんな水準があるが、評価するのは目の前にいる相手だ。
相手が心から笑えたならどんな面白さでもいい。

関西の人ってさ、発言する時に必ず「おもろい事、言ったろ!」っていう意識があるよね。指鉄砲でズドンって撃ったら、必ず苦しみながら倒れてくれるような土地柄。
あれって素晴らしいセンスだと思う。

偉い人も、例えば大統領や国会議員なんかも、講演の中でジョークをかますよね。そこにヒューマニズムを感じる。

俺の爺ちゃん。面白い人だった。俺の父さんも面白い。うちの息子も面白い。

女性が好きになる男の条件でも「面白い」が、上位にあった気がする。
最近、面白い男が本当に希少だ。絶滅危惧種だな。

加藤進はもっともっと面白くなりたい。

PS.10月11日と12日に朝市の新しくできた建物で落語が2日間、開催される。俺は学びに、笑いに行くぞ。
posted by かとうすすむ at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

大統領のように働き、王様のように遊ぶ

これ、俺の座右の銘。
仕事の反対にあるのは休みではない。仕事の反対には遊びがある。遊びって言うのは仕事を忘れてそれに夢中になる行動だ。週に5日働いた人が、残りの週2日をどうすごすか。
1、ゆっくり寝た人。
2、思いっきり遊んだ人。
このお休みの過ごし方で差がつくっていうことをほとんどの労働者は知らない。
仕事のできる人、出世できる人は圧倒的に2だ。
思いっきり遊んだ人こそが、思いっきり仕事ができるのだ。
50遊んで50働く人よりも
100遊んで100働く人を採用したい。
これは振り子の原理のようなものだ。遊びに大きく振れる人は、仕事にも大きく振れる。
大きく仕事をする人は大きく遊ぶのだ。

俺は誰よりもよく働くよ。俺ほど働いている人を俺は知らない。
俺は誰よりもよく遊ぶよ。俺ほど遊ぶ人を俺は知らない。

これからも大統領のように働くよ。
そして王様のように遊ぶからね。

PS:加藤進は大統領にも王様にも知り合いがいないので、実際に彼らがどう働いてどう遊んでいるのかはしらない。世界中の大統領、王様、気を悪くしないでね。
posted by かとうすすむ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする