2008年03月31日

メールあれこれ

休日の夜、家族が寝静まってから黙々と仕事をする私。
気が付くと返事を出すべき(保留となっていた)メールが47通も溜まっていた。それら全てを処理した。2時間かかった。
しかし、メールって便利だな。
1、24時間いつでも送れる(相手が携帯アドレスじゃなければ)
2、証拠が残る

ほりえもんは隣の席の秘書ともメールでやり取りしていたということで、あきれる裁判所の関係者もいたようだが、それは私にはよーく理解できる。経営者は1日に数十個もの判断をする。判断する瞬間瞬間は神経を集中させ判断を行うが、判断後はいちいち覚えていない。だから、証拠として残すためにメールにするのだ。
私の会社ですらそうだ。社長は「過去は生ゴミ」なんて言って、すぐに忘れてしまう。だから社員は口頭で確認したことでもメールで送ってくれる。社長の出来が悪いと優秀な社員が育つのではないか・・・。
posted by かとうすすむ at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

社員一人ひとりへのこだわり

社員が70人になって、私から社員一人ひとりに対するケアが薄くなっているのを感じる。これは、まずい。あくまでも、いつまでも、社員一人ひとりにこだわらないとダメだわ。

何からはじめようか・・・。
posted by かとうすすむ at 22:16| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

掃除した!

やったぜ!
少し門限過ぎたが…
TS3D0108.JPG
posted by かとうすすむ at 18:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社長デスク

気が付くと 大変な状態だ。
TS3D0107.JPG
posted by かとうすすむ at 11:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

広告スペース

いまJRで移動中だ。不思議なことに広告スペースに広告がない。そう言えば函館空港にも空きスペースがあったな。もったいないし かっこわるい。さあ行こうか 旅へ なあんて前向きなメッセージでも貼ったらいいのに。
TS3D0105.JPG
posted by かとうすすむ at 21:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演

今日 札幌で 講演をさせていただいた。関係者のみなさまに心から感謝申上げます。また お越しいただいたみなさまにも心から感謝申上げます。
講演終了後 会場から締め出されてまでも 熱心に質問に来てくれた人たちもいました。
彼らの未来が明るいものになるよう願います。

明日からまた函館で頑張るぞ!
posted by かとうすすむ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

食欲の春

昼は300グラムステーキだったのに 五時のおやつがこれだ。
天丼とかしわそば
TS3D0104.JPG
posted by かとうすすむ at 17:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

床屋

冬の間、ずうっと髪を伸ばしていた。
そして今日、髪をばっさりと前の状態に戻した。
誰かに見せたくて会社(函館駅前)に顔を出したが、「あ、髪切りましたね」って言ってくれたのは二人だけだった。

髪は短い方が、なんだか心が軽いな。シャンプーも楽だしね。
posted by かとうすすむ at 20:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

年収200万円

「年収200万円」について研究した。とんでもないことが見えてきた。
年収200万円以下の人が1000万人を超えているらしいんだ。この日本で。労働者の数が6000万人くらいだから、労働者の6人に1人が年収200万円以下なんだな。

でもね、1年に200万円稼ぐって大変だよ。
時給960円×8時間×21.7日(週休2日)×12ヶ月
で達成する。
時給960円・・・北海道にそんな仕事ある?

さらに研究を進めた。もしも北海道の最低賃金、654円で年収200万円を稼ごうと思ったら・・・。
毎日3時間の残業をしなければならないのだ。

(時給654円×8時間+時給654円×1.25(残業は25%増しなのだ)×3時間)×21.7日×12ヶ月
で、達成する。
最低賃金なら毎日3時間の労働だよ。つまり、朝9時から夜9時まで働いて(うち1時間は昼休み)、やっとこの水準。

日本はおかしい・・・。

しかし、悲しいことに、当社にも年収200万円以下の社員は存在する。200万円以上にするには月給16万6千円出す必要がある。
あ、もしかして、墓穴掘ったか・・・。
posted by かとうすすむ at 02:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

社長の仕事

3月3日から2週間にかけて、北海道教育大学函館校からインターンの学生が来た。前半が男性で後半が女性だった。「社長秘書」ということで、募集したが、まさか2名も来るとは思わなかった。本当はもっと応募があって、抽選で決まったらしい。
そうは言っても、当社にはもちろん秘書なんていうポジションは無いので、鞄持ちをさせた。結構、楽だった。

彼らと一緒に時間を過ごして思ったことは、「社長はほとんど何もしていない」と言う事だ。いくら守秘義務があるといっても、本当の社長の仕事はインターンには見せられない。社員とのシビアな話では席をはずしてもらった。そして、そういう重要な仕事は1日に30分、1週間(5日間)に2時間半くらいしかない。

でも、言い訳をしたい。自分の存在意義をかけて・・・。(汗)
社長はその30分のために他の7時間半を使っているのだ。新聞やネットの情報から頭に情報を置き、学習によって理論を構築し、温泉によって気分を転換し、映画館で心を育て・・・そうして、本来の社長業(1に営業、2に社員教育 3に借金の保証人 4 その他)にむかえるのだ。

ああ、全然、言い訳になっていない。
うん。正直に言う。優秀な社員がいて、会社経営上の数字が黒であるならば、社長は本当に楽です。ごめんなさい。許してください。

2人のインターンは私の負の側面だけをうらやましく思って帰ったのではないかと心配している。
posted by かとうすすむ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回 立待岬

インターネットの危険性
加藤 進
 私自身はインターネットでご飯を食べている。携帯電話とインターネットの環境さえあれば、世界中どこにいても社長業がつとまる。しかし、インターネットの危険性は利便性を上回っていると私は考えている。ここにその危険性をまとめてみたい。第1の危険は、「パソコンに向かうときは一人である」と言うことだ。最近の調査によると、20歳から39歳までの若者の死因トップが自殺となっている。だから「一緒に死んでくれませんか」などという、もしも友だちが側にいれば「やめろよ」と言ってもらえることでも誰にも止めてもらえず、その世界に入り込んでしまう。ここ数年で、インターネットで見ず知らずの若者同士がどれほど自殺したことか。第2の危険は匿名性である。自分がどこの誰なのかを名乗らずに言いたい放題ができる。人間は現実社会では自分が嫌われないよう、また相手を傷つけないように高い水準のコミュニケーション能力を駆使して対話をする。しかし、この人間性とか気遣いとかがまったく取り払われた仮想世界の中では、人間ではない、動物の水準の対話がそこではされている。第3の危険は「氾濫する情報は真実とは限らない」ということだ。たとえば、病気について調べると、たいていは「死ぬこともある」などと暗い結論にたどり着いたりする。中でも怖いのは性に関する情報だ。誤った情報で間違えて命を作ってしまったり、怖い性病に感染したりが考えられる。年間で言うと、交通事故死1万人、自殺3万人、人工妊娠中絶40万人・・・これが日本の現実だ。
 私は3点の危険性を述べたが、もっとも声を大にして言いたいのは子どもたちをこの危険から守るべきだということだ。子どもを仮想社会から守る方法はタバコや酒と同様に「与えない」ということしかないと私は考える。義務教育の間はパソコンを与えるべきじゃないし、携帯電話はインターネットに繋がらない設定にすべきだ。放置するとどんどん犠牲者が増加していくことになるだろう。(814文字)

(有限会社みのり 代表取締役)
posted by かとうすすむ at 23:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

4万件突破しました。

1ヶ月に届く迷惑メールの数。
俺、本当に、よっぽど嫌われてるな。
posted by かとうすすむ at 22:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4回 立待岬

どうなる? 若者の老後
加藤 進

おじいちゃんおばあちゃんのイメージは「お金持ち」である。道東に住んでいた私たち家族が函館の祖父母の家に行くととてもかわいがられ、年末年始にお年玉を3回もらった記憶がある。大晦日に、「明日、忘れたら困るから、はい、お年玉」。お正月に「はい。お年玉」。「昨日もらったよ」と言うと、「あれはもう昨年の話」。そして1月2日にも「いやー、忘れてた。はい、お年玉」。もちろんユーモアなのだが、あの温かい雰囲気が忘れられない。
お金持ちのお年寄りは幸せだ。何よりも誰の経済的な世話にもならず自立して生きていける。子や孫のためにお金を使うこともできるし、それによって頼られたり好かれたりもする。最終的には有料老人ホームに入って、高価なところであれば、身の回りのことは何でもしてくれる。
もちろん身を粉にして日本と地域の発展のために尽くしてきた高齢者のみなさんには当然の待遇だと私は考えるし、それでも足りないとすら思う。35年から40年以上も勤めあげ、年金や各種保険を払ってきたみなさんですから、それに見合った退職金を受け、月々の年金を受け取りながら生活するのは当然です。
少子高齢化社会と言われていますが、高齢者にお金があるうちはそれ自体がビジネスのターゲットにもなり、経済も活性化するでしょう。しかし、20年後にはどんな高齢者が誕生しているでしょうか。厚生労働省の調査によると労働者の3分の1は非正規雇用と言われ、その割合は年々増えています。非正規雇用の場合、社会保険や厚生年金はかからないことも多いですし、退職金ももちろん期待できない。国民年金も滞納せざるを得ない。
日本政府は国会を2度も延長し、今月15日、民意の審判を受けていない衆議院で「油を外国の艦船に無料で提供する法律」を再可決しました。こだわる場所を間違っているでしょう。道南に住むみなさん、そろそろ低投票率で政治を見守るのはやめませんか。
(本文 791文字)

(有限会社みのり 代表取締役)
posted by かとうすすむ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回 立待岬

高校生暴行死と市民の責任                加藤進

 8月1日のこの欄で、「人間を育てるのは人間である」として、日本中で起こっている少年の事件に関連して書かせていただいた。同じ月の26日、高校生が直接・間接の暴力によって命を落とすという衝撃的な事件が、函館市内の公園で起こった。
 私はこの事件をニュースで知り、自分を含めた函館市民の責任を思った。函館という地域が、社会がそういう子を育て、土壌を作ってしまったのだと。
 函館の子どもたちは明るい未来を展望できない。生活保護世帯が年間1万を超え、その予算は180億円にものぼる。高校を出ても道南地域に仕事は無く、過半数が道南以外へと就職していく。仕事に就いたところで、パート・アルバイト・契約・派遣・準社員などという非正規雇用が正規雇用を大きく上回り、「いつ仕事を失ってもおかしくない状態」での労働を余儀なくされている。このような経済的に不安定な状態は結婚や出産を人生の選択肢に加えることも許さない。自分たちの願いを政治に届けようという意識も北海道で一番低い。それは選挙の投票率から見てとれる。最高学府である教育大学や未来大学には学生自治会も無く、自らの未来や環境を自らの力で変えていくという方法も学ばせてもらえない。
 世の中は強いものが弱いものを叩き、弱いものがさらに弱いものを叩くという構造がすっかり定着している。会社においてはセクハラ、パワハラ、リストラ、国内においては様々な格差のさらなる広がり、国際的には国連無視の武力行使。大人がつくってきた社会を子どもたちは情報として受け止め、未来に対して夢や希望を持つことも出来ないまま、同じような大人になろうとしている。
 私は子どもに罪はないと思う。生まれてくる子どもは一人残らず幸せになろうと思って生まれてくる。不幸になろうとか、人を不幸にしようとか、そう思って生まれてくる子どもはいない。子どもには幸せになる権利があり、大人には子どもを幸せにする義務がある。そう、子どもを幸せにする義務が大人にはあると思う。
(本文823字)

(有限会社みのり 代表取締役)
posted by かとうすすむ at 20:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回 立待岬

人間を育てるのは人間である                加藤進

日本中で過去には例を見なかった残虐な事件が、子どもによって起こされている。幼児を高いところから落とす、友人や教師をナイフで刺す、母親を殺害し、その首を切り落とす、赤ちゃんを殺し、押入れで生き返らせようとする。報道は氷山の一角で、このような事件は無数にあるものと思われる。法律を変え、罰則を強化・低年齢化する事では全く解決しない。なぜなら、相手は法律を理解できない年齢なのだ。
昔と今、何が変わっただろうか。私は子育てが変わったと思うのだ。親が子どもを育てていない。では、誰が子どもを育てているのか。それはテレビであり、ビデオであり、DVDであり、パソコンであり、テレビゲームであり、ハンディゲームであり、携帯電話ではないだろうか。それらのものさえ与えておけば、子育てに手はかからない。何時間でもおとなしくしている。
公園に行くと、ベンチに座って数名の小学生が会話もせずにひたすらゲーム機を操作している。児童館に行くと、子どもたちがパソコンに向かってゲームやインターネットをしている。函館市の児童館にはパソコンとインターネットの環境がある。公園や児童館って、そういう場所でしたっけ? と私は問いたい。
私は会社の採用試験で1年に約200名と面談をする。そのコミュニケーション能力が年々、確実に落ちている。IT関連機器に育てられた人たちがどんどん大人になってくる。函館も例外ではない。
オオカミに育てられた子どもがオオカミのように育った記録がある。IT関連機器・電子機器に育てられた子どももそのように育つのではないだろうか。
我が家では子どもにテレビも含めIT関連機器を一切与えていない。与えない子育ては大変だ。たくさんの手がとられ、工夫が必要だ。しかし、人間を育てるのに手抜きはできない。IT関連企業を経営する私が提唱します。IT関連機器を与えない子育てを日本中のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにおすすめしたい。(本文807字)

(有限会社みのり 代表取締役)
posted by かとうすすむ at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第1回 立待岬

函館への想い 加藤進

1997年、ちょうど10年前に函館に来た。父方の祖父は函館の市場で商売をしていたし、父も西高から教育大函館校という経歴を持つので、函館とは縁があったのだ。函館に住み続けるきっかけは妻がくれた。函館の街が気に入ったというのだ。私は商売することを決意していたので、ま、30万都市は悪くないなと思って函館永住に同意した。事業名も函館永住の決意を冠にし「函館まねきネット」とした。
大学を卒業するときにはすでにバブルははじけていたし、人口減少やシャッターの下りる表通りのお店を見ても「自然の流れ」と割り切っていた。しかし、さびれていく函館の中で残念に思うのはギャンブルの空気である。過去、栄華を誇ったサイカデパート、西武デパート、それぞれパチンコ店となった。デパート跡に限らず、つぎつぎ新店オープンの様相である。函館市においては競輪である。子ども向けのアトラクションを組むなど、「家族そろって」という宣伝スタイルに唖然とする。私は3人の子どもの父親だが、ギャンブルには触れさせたくない。
私は函館の地形が好きだ。函館山、両側に広がる海、どんなにお金をかけても人間業でこの地形は作れまい。私は函館の人の純朴な心意気が好きだ。個人事業時代、お客様のところに訪問すると、お金以外に野菜や魚や昆布、缶コーヒーやお菓子など・・・手ぶらで返してくれないところがある。気前がいい。若い人たちの「函館に住み続けたい」という気持ちが好きだ。田舎ほど東京に出たがる。でも、道南の若者は道南を愛している。
先日、ハローワークでお話を伺う機会があった。渡島檜山管内で3月に就職できた高卒者が917名、そのうち管内に就職できたのは44%の407名だったそうだ。雇用の受け皿をもっともっと増やさないと、こんなにいい街でありながら、未来を担う青年がいなくなる。雇用をすすめるのは会社の経営者だ。私もその一人として、もっともっと努力したい。(本文797文字)

(有限会社みのり 代表取締役)
posted by かとうすすむ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立待岬

北海道新聞道南判の「みなみ風」の立待岬に私の寄稿が載ります。
3月19日号です。5回目の記事です。お楽しみに。
posted by かとうすすむ at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンレター

今日、ファンレターが届いた。
女性からのファンレターならドキドキしてちょっと迷惑だが、男性からのファンレターだったので、安心して喜べた。

ファンレター歓迎です。
カミソリ入れるのとか、無しでお願いします。
posted by かとうすすむ at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョブカフェ北海道

2008年3月26日(水)
13:30〜15:30
KKRホテル札幌 3F鳳凰の間

で、お話させていただきます。

http://www.jobcafe-h.jp/event/seminar/back/cgi-bin/popup.cgi?num=0455


折角の機会なので、いい話をしてきたいと思う。
posted by かとうすすむ at 20:37| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

思考する環境

文章の締め切りがあって、朝からいろいろと環境を変えている。
なかなか集中できる場所って世の中に無いな。
夜、家族が寝静まってからが一番の集中できる時間のような気がする。
今日は朝からつまづいたからなー
posted by かとうすすむ at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする